見た目年齢って重要 自宅で老けて見える目の下のたるみ解消対策

目の下のたるみ解消 リフトアップ
目の下のたるみ解消

女性だけでなく男性も気になる目の下のたるみ。
老けた印象になるたるみ、シミなどと違いメイクでも隠しにくいですよね。
男性ならなおさらメイクはしませんので気になるところです。
たるみが有るか無いかで見た目年齢は10歳ほども変わってきます。
自宅でできる目の下のたるみの解消方法をご紹介します。

目の下のたるみの原因は?
目の下のたるみには肌の弾力性が必要
目の下のたるみをリフトアップする表情筋トレーニング
たるみにもやはりダメ 紫外線対策もしっかりと
たるみに効く 弾力性を復活させるスキンケア

目の下のたるみの原因は?

お顔のたるみの原因は、加齢とともに肌の弾力性が失われていき表情筋と言われる筋肉の衰え、体同様お顔にも脂肪が蓄積されることが大きな原因だと言われています。
外に出かけると紫外線を浴び、肌もダメージを受けます。
室内では空調が完備され快適な生活を送れますが、お肌には乾燥した環境は快適な環境ではなくこれもまたダメージを受けています。
このような毎日だとお肌がたるんでくるのは当然です。

目の下のたるみには肌の弾力性が必要

お肌は外から 表皮、真皮、皮下組織という細胞によって構成されています。
お肌のハリや弾力性に大切な部分は真皮と言われる部分です。真皮はコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの成分をつくり出す”線維芽細胞” ですが、紫外線のダメージや加齢などが原因となりコラーゲンを生み出す力が低下し、コラーゲン量やヒアルロン酸量が減少するため肌の弾力性がなくなります。

目の下のたるみをリフトアップする表情筋トレーニング

シミやしわと違い隠しにくいのがたるみ
たるみの解消に効果的なのが顔の筋肉トレーニング。表情筋と言われる筋肉を鍛えれば確実にリフトアップします。
体の筋肉を鍛えればスタイルが良くなるのと同じですね。
普段電車の窓に映ったなにげない自分の表情に驚くことがありませんか?
特に気にしなければ表情筋を使っていないのです。これでは衰えますよね。
舌の位置も同様です。舌にも筋肉があります。口の中でだらんとした時と口腔の上(口の中の天井部分)を舌で押している時とは微妙ですがフェイスラインも違います。
このように普段から意識して表情筋を使うトレーニングをすることで目の下のたるみも徐々に解消されていきます。

たるみにもやはりダメ 紫外線対策もしっかりと

真皮には弾力性の鍵となる線維芽細胞がたくさんあります。紫外線の中でも特に悪いのが”U-VA”と呼ばれる紫外線です。真皮層まで到達し、この線維芽細胞にダメージを与えます。その結果、コラーゲンの産生が低下して、真皮のコラーゲン量が減少します。
このUVAは雲や窓ガラスも透過してしまうため室内でも紫外線ケアが必要なのです。

たるみに効く 弾力性を復活させるスキンケア

真皮層ではコラーゲンが減少し、紫外線からのダメージでどんどん弾力性を失っていくお肌。
たるみを解消するには乾燥させない。紫外線ケア。保湿力の高いスキンケアが必要です。
いくら表情筋を鍛えても紫外線を浴び、乾燥したままのお肌ではたるみは解消されません。
常に紫外線カット、保湿を心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました